日本サッカー最大の弱点であるゴールキーパー

サッカー日本代表が昨日のテストマッチであるスイス戦で完封負けをして,ワールドカップに向け暗雲が漂っているようです。
長年言われ続けている決定力不足に解決のめどはなく,このまま今のメンバーで本番を迎える事でどのような結果をニュースで目にしました。
自分にしてみるとようやくその指摘が表に出て来たかという感想でした。
日本のマスコミはなぜかあまり話題にしませんが,近年の日本代表が世界レベルで劣っている部分はゴールキーパーだとずっと思っていました。
日本のサッカーファンやマスコミは川口選手や川島選手など前に出るキーパーが好きなようで,1対1やペナルティキックを止めると絶賛する傾向があります。
逆に楢崎選手や西川選手・東口選手など後ろでゴールを固めパンチングやセービングに優れたタイプを評価しないようです。
ヨーロッパ選手権やワールドカップを見ると海外のゴールキーパーは本当にセービングが上手く,いくつかの決定的なシュートを防ぐ場面をよく目にします。
日本もいい加減にゴールキーパーの大切さに目を向けて欲しいものです。

11月16日のトレーニングで26.5キロを2時間10分かけて走りました。

11月16日のトレーニングで26.5キロを2時間10分かけて走りました。2月の愛媛マラソンに向けて段階を踏んでトレーニングを行っていますが、ここ最近は12キロを毎日走り続けていましたが、しっかりとした形でゴールできていたので、距離を一気に伸ばして実力を試してみました。後半は疲れましたが、失速ではなかったので力は確実についていると実感しました。しかし翌日は筋肉痛が発生していたので、休養に充てました。44歳でむかえる来シーズンは過去最強を目指しています。ベストタイムは27歳の時の2時間56分7秒で最近では38歳の時に2時間57分58秒というのをたたき出しました。その時のは毎月200キロ程度のトレーニングでしたが、これからは300キロに伸ばして力をつけていきたいと思っています。それでも単純に距離を伸ばして力がつくという問題ではありませんが、ここ最近のマラソンでの実績ではスタミナ不足は明らかです。そのための職場環境も手に入れました。出社は毎日16時出勤で帰宅時間も平均で深夜12時には帰れるので昼はまるまる開いています。その時間にしっかりしたトレーニングを続けていきたいと思います。ベルタ酵素ドリンク 販売店