罵声を浴びせてきた先輩から守ってくれた自身

赤ん坊は、徐々に3歳になるのですが、便所トレーニングが随分賢く進まず、3年代でオムツを取るということにはならなさそうだ。でも、ある程度の生年月日の子どもでオムツをやる子どもは必ずしもいませんし、家屋もどうにかなるだろうと思っていました。それなのに、3年代過ぎているのにオムツを付けて要るなんて有り得ないとオフィスの上級に罵られてしまったのです。

自身は、何か言い返そうとしたのですが、後輩という自分のポジションのこともあって、言えずにいました。すると、その上級よりも却って上の上級が、そんなアクセントこそ有り得ないと叱ってくれたのです。自身は、涙が出そうなくらい嬉しかったです。

その上級は、その場を立ち去っていきました。そして、叱ってくれた上級は、子どもの拡大があれこれ同じな意義乏しいんだから気にしないのが金字塔だよと慰めてくれました。自分の子どもも、こんな風に優しさの居残る子供に育てたいとも思いました。当然自身は、人類に支えてもらいながら子育てができているのだと実感しました。