パ・リーグクライマックスシリーズは第3戦。

パ・リーグクライマックスシリーズは第3戦。2勝1敗楽天リードで向かえましたので、ソフトバンクは何としても勝ちたいところでベテランの和田に託しました。打線も1番今宮、3番デスパイネと当たっている選手を上位に持ってきたところにソフトバンクの必死さを見ることができました。しかも相手投手は則本なのでなおさらでした。試合は早々に動き楽天が3試合連続で先制点を挙げましたが、エース則本がファーストステージから球にキレがなく3回までに5失点と試合を作れませんでした。それでも好調楽天打線も和田を攻略して、5-5で終盤を向かえます。そして8回、楽天はリリーフエースの福山をマウンドに送りランナー1塁でバッター中村の2球目、力の中途半端なカットボール的な真っ直ぐを思いっきり引っ張られ2ランホームランを浴びました。完全に狙われていました。ここにソフトバンクの王者としての意地を見ました。これで2勝2敗のタイですが、一つ勝つことでソフトバンクは本来の強さを取り戻すはずです。楽天はこれまで以上に先行逃げ切りを意識しないと厳しい展開になると思います。